FLIC 360 BLOG FLIC 360 BLOG

大会創立100周年を迎える第97回全国高校野球選手権大会が始まりました!

【熱闘甲子園!!】甲子園球場をバーチャル見学してみよう!で甲子園球場の中をご案内しましたが、今回は出場校の中の4校をピックアップし彼等がどんな環境で生徒として学んでいるのか学校の中をバーチャル訪問してみます!

 

仙台育英高校 (宮城県)-2年ぶり25度目

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

1905年(明38)創立。創立110年余の歴史を誇る名門学園。生徒数は2509人(女子902人)。野球部は30年創部で、部員110人(マネジャー2人)。駅伝は全国トップレベルでサッカー部、ラグビー部も強豪。主なOBに元日本ハム金村暁氏、ヤクルト佐藤由規選手、巨人橋本到選手らがいる。世界12カ国に50をこえる姉妹校を持ち、学業、スポーツ共に各界の著名人を多く排出している。2011年の東北大震災により甚大な被害を受けた校舎は、多くの支えにより2013年に竣工し同年4月に開校式が行われた。『栄光』『南冥』『北辰』と名付けられた3棟の校舎が新設され、中央には学園創立者である加藤利吉を記念した『GP(Great Principal)ホール』も建設された。美しい新校舎は、あたかも震災から立ち上がる被災地の縮図のようである。学園のテーマとして掲げている言葉は『逆転の仙台育英』

 

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

【学校情報】

学校名・・・仙台育英学園高等学校

住所・・・〒983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野2-4-1

電話番号・・・022-256-4141

公式Webサイトはこちら

 

関東第一高等学校 (東京都)-5年ぶり6度目

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

1925年(大14)に創立した私立校。一人ひとりの希望進路を実現するため4つのコースを設け、いずれのコースも高校課程の基礎学力をしっかりと身につけながらそれぞれの進路目標にあわせて学習を深めることができるコース別カリキュラム。生徒一人ひとりの未来をきめ細かくサポートしている。生徒数は1963人(うち女子819人)。野球部は27年に創部。部員数は94人。甲子園出場は春5度、夏6度の通算11度目。主なOBは日本ハム武田勝選手、広島中村祐太選手など。

 

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

【学校情報】

学校名・・・関東第一高等学校

住所・・・〒132-0031 東京都江戸川区松島2-10-11

電話番号・・・03-3653-1541

公式Webサイトはこちら

 

高崎健康福祉大学高崎高校 (群馬県)-2年連続3度目

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

1968年(昭43)創立。01年に共学化し、現校名。通称:健大高崎。部活動が非常に盛んで26の運動部・23の文化部がある。真の意味での「文武両道」を目指し、家庭学習を「学校内で完結」させる自学自習システムKENDAI OASISを開設。自学自習をマネジメントし学習時間を継続的に確保することで、大学合格に向けた学力を着実につけていきます。生徒数は1365人(うち女子931人)。野球部は01年に創部。甲子園は春2度、夏は3度目の出場。部員数は82人。主なOBはロッテ脇本直人外野手がいる。

 

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

【学校情報】

学校名・・・高崎健康福祉大学高崎高等学校

住所・・・〒370-0033 群馬県高崎市 中大類町531

電話番号・・・027-352-3460

公式Webサイトはこちら

 

九州国際大学付属高校 (福岡県)-2年連続6度目

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

1958年(昭33)私立八幡大付属として男子部が開校。地元教育関係者の熱心な要請に応え開校した本校は、全日制普通科の進学校として、「社会に役立つ人材の育成」を目指し、着実に成果を上げ「北九州に九国あり」と評価されるに至る。学校のある橘が丘は、北九州の西半分を遠望する高台にあり抜群の自然環境を誇り、生徒と教師が一丸となった教育活動を実践している。89年に現校名。10年から共学。普通科のみで生徒数は1703人(女子は752人)。野球部は58年創部で部員数は70人。春は2度出場し11年準優勝。夏は6度目。OBはDeNA高城俊人選手、ソフトバンク二保旭選手がいる。

 

↓↓画面をグリグリして探検してみてください↓↓

【学校情報】

学校名・・・九州国際大学付属中学校・付属高等学校

住所・・・〒805-0002 福岡県北九州市八幡東区枝光5-9-1

電話番号・・・093-671-9001

公式Webサイトはこちら

まとめ

今回は4校のご紹介でした。どんな歴史のある学校なのかを知ることや、普段の彼等がどんな環境で学び生活しながら勉学と野球に打ち込んでいるのか。など背景を知りながら試合を観戦してみると、いつもと違う感情で高校野球を楽しむことができるかもしれませんね!今大会もどんなドラマが待っているのか見届けましょう。

甲子園球場を見学いただくことができます。

こちら 【熱闘甲子園!!】甲子園球場をバーチャル見学してみよう! もあわせてご覧ください!

 

お問い合わせはコチラ

資料請求・各種お問い合せは、お問い合せフォーム、またはお電話にて承っております。
お気軽にご連絡下さい。

CONTACT

資料請求・各種お問い合せは、お問い合せフォーム、
またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡下さい。

TEL
03-4405-9228
MAIL
メールでのお問い合わせ

SHARE

Pocket