FLIC 360 BLOG FLIC 360 BLOG

 

 水族館ではイルカショーを実施していることがよくあります。飼育員の指示に従って輪をくぐったり、宙返りを見せたりと、なかなか面白いショーです。人間の指示を理解する知性と、指示通りに動く高い運動能力を感じられます。
 
 イルカショーをご覧になったことのある方は少なくないと思います。しかし、野生のイルカを見に行ったという方はあまり多くないでしょう。グーグルは海上に出て野生のイルカをストリートビューに収めています。今回は野生のイルカに会いに行きましょう。

意外に陸地から近いところで見られる

 グーグルが野生のイルカを捉えた場所は、長崎県の有明海の入口に当たる「早崎海峡」のあたりです。この場所は、1年を通してかなり高い確率でイルカを見ることができる海域で、南島原市の口之津町の口之津観光船企業組合は、イルカを見に行く船を定期的に運行しています。グーグルもこの船を利用して撮影したのでしょう。
 
 グーグルがイルカ撮影のために通ったルートをお見せしましょう。グーグル・マップを表示して「ペグマン」を持ち上げたところを捉えた図です。

 
Dolphin_Watching
 

 入江から出港し、海上に出て帰ってきている線があります。この線にそってストリートビューを撮影しています。こうして見ると、イルカを見るといっても遠い沖に出るわけではなく、陸地に近いところでも良いということが分かります。意外に手軽で驚いたのは筆者だけでしょうか。

 

 上記に示した航路の中で、イルカを見られる場所は船がUターンしているあたりです。よく見るとこのあたりで船が左右に細かく動いていることが分かります。イルカをご覧になりたい方は、このあたりを探してください。すると、以下のようにイルカの群れを見ることができます。

 

 

 ここで見られるイルカは「バンドウイルカ」という種類のイルカ。体長は1~4mほどで、体重は小さなもので150kg程度で、大きいものは650kgにもなるそうです。泳ぐスピードが速く、最高で50km/h程度のスピードで泳ぐとのこと。人懐っこい性格で、人間が見に来ると近寄ってきたり、ジャンプを見せてくれることもあるそうです。

 

 口之津観光船企業組合によると、この海域にはおよそ400頭のイルカがいて、船で見に行けば1年を通して90%以上の確率で見ることができるそうです。1年を通してイルカを見ることができる海域は日本でも珍しいとのこと。また、この海域は潮流が複雑で、イルカに限らずさまざまな魚が生息しています。

次の休みに訪れてみては

 長崎近海で元気に泳ぐイルカをご覧頂きました。「野生のイルカを見る」と聞いた時は、遠いところに行くのだろうと筆者は思いましたが、日本国内で見られると聞いた時は、手軽で良いなと思いました。長崎ならば、次の長期休みを使えば訪れることができるでしょう。イルカは1年中見ることができるとのことです。読者の皆さんもいかがでしょうか?

 
【施設情報】
店舗名 ・・・口之津観光船企業組合
住所  ・・・〒859-2503 長崎県南島原市口之津町丁5771-1
電話番号・・・0957-86-4433
公式Webサイトはこちら

CONTACT

資料請求・各種お問い合せは、お問い合せフォーム、
またはお電話にて承っております。お気軽にご連絡下さい。

TEL
03-4405-9228
MAIL
メールでのお問い合わせ

SHARE

Pocket